>
>
住宅性能評価

住宅性能評価

住宅性能評価業務の手数料については、以下の通りです。(平成27年4月1日から適用)

1. 評価業務規程第5章の料金は、次のとおり別表第1から別表第14までに定めたとおりとする。

2. この別表に記載していない料金については、申請者と株式会社広島建築住宅センターが協議して決める。

 

別表第1 設計住宅性能評価料金(必須評価事項のみ)

(単位:円、消費税込)

  床面積の合計 料金の額
戸建住宅 200m2以内 52,000
200m2を超えるもの 62,000
共同住宅等 500m2以内 60,000+M×12,000
500m2を超え1,000m2以内 P×20,000+60,000+M×12,000
1,000m2を超え2,000m2以内 P×20,000+60,000+M×12,000
2,000m2を超え10,000m2以内 P×20,000+170,000+M×12,000
10,000m2を超え50,000m2以内 P×20,000+320,000+M×10,500
50,000m2を超えるもの P×20,000+750,000+M×10,500

                  
※上記の料金は、温熱環境に関する表示すべき事項を断熱等性能等級とした場合の料金である。一次エネルギー消費量等級の場合は、戸建住宅は10,000円、共同住宅等は1住戸あたり1,000円追加する。                   ※Pは延床面積から500m2減じた数値を500m2で除した数値、Mは評価対象住戸数 とする。            ※1,000円未満の端数は切捨てとする。

 

別表第2 設計住宅性能評価料金(性能表示事項の全て)

(単位:円、消費税込)

  床面積の合計 料金の額
戸建住宅 200m2以内 63,000
200m2を超えるもの 73,000
共同住宅等 500m2以内 60,000+M×13,000
500m2を超え1,000m2以内 P×20,000+60,000+M×13,000
1,000m2を超え2,000m2以内 P×20,000+60,000+M×13,000
2,000m2を超え10,000m2以内 P×20,000+230,000+M×13,000
10,000m2を超え50,000m2以内 P×20,000+520,000+M×11,500
50,000m2を超えるもの P×20,000+950,000+M×11,500

 

※選択表示項目を1以上追加する場合に起用する (別表第5に同じ)。

※上記の料金は、温熱環境に関する表示すべき事項を断熱等性能等級とした場合の料金である。一次エネルギー消費量等級の場合は、戸建住宅は10,000円、共同住宅等は1住戸あたり1,000円追加する。                   ※Pは延床面積から500m2減じた数値を500m2で除した数値、Mは評価対象住戸数とする。
※1,000円未満の端数は切捨てとする。

 

別表第3 第28条第1号の申請と同時になされる設計住宅性能評価の料金の減算額

(単位:円、消費税込)

  床面積の合計 料金の減算額
一戸建住宅 200m2以内 8,000(5,000)
200m2を超えるもの 9,000(6,000)
共同住宅等 500m2以内 6,000
500m2を超え1,000m2以内 7,000
1,000m2を超え2,000m2以内 11,000
2,000m2を超え10,000m2以内 35,000
10,000m2を超え50,000m2以内 56,000
50,000m2を超えるもの 119,000

※( )内は住宅型式性能認定又は認証型式住宅部分等製造者の場合を示す。

 

別表第4 建設住宅性能評価料金(必須評価事項のみ)

(単位:円、消費税込)

  床面積の合計 料金の額
戸建住宅 200m2以内 93,000
200m2を超えるもの 103,000
共同住宅等 500m2以内 N×63,000+M×12,300
500m2を超え1,000m2以内 N×(P×5,100+63,000) +M×12,300
1,000m2を超え2,000m2以内 N×(P×5,100+63,000) +M×12,300
2,000m2を超え10,000m2以内 N×(P×5,100+206,000) +M×9,300
10,000m2を超え50,000m2以内 N×(P×5,100+309,000) +M×6,200
50,000m2を超えるもの N×(P×5,100+411,000) +M×6,200

※Pは延床面積から500m2減じた数値を500m2で除した数値、Mは評価対象住戸数、Nは検査を行った回数とする。
※1,000円未満の端数は切捨てとする。

 

別表第5 建設住宅性能評価料金(性能表示事項の全て)

(単位:円、消費税込)

  床面積の合計 料金の額
戸建住宅 200m2以内 93,000
200m2を超えるもの 103,000
共同住宅等 500m2以内 N×63,000+M×13,400
500m2を超え1,000m2以内 N×(P×5,100+63,000) +M×13,400
1,000m2を超え2,000m2以内 N×(P×5,100+63,000) +M×13,400
2,000m2を超え10,000m2以内 N×(P×5,100+206,000) +M×10,300
10,000m2を超え50,000m2以内 N×(P×5,100+309,000) +M×7,200
50,000m2を超えるもの N×(P×5,100+411,000) +M×7,200

※Pは延床面積から500m2減じた数値を500m2で除した数値、Mは評価対象住戸数、Nは検査を行った回数とする。
※1,000円未満の端数は切捨てとする。

 

別表第6 既存の戸建住宅の建設住宅性能評価料金

(単位:円、消費税込)

  床面積の合計 料金の額
設計図書がある場合 100m2以内 52,000
100m2を超え200m2以内 61,000
200m2を超え500m2以内 74,000
500m2を超えるもの P×49,400+74,000
設計図書がない場合 100m2以内 70,000
100m2を超え200m2以内 80,000
200m2を超え500m2以内 99,000
500m2を超えるもの P×65,800+99,000

※Pは延床面積から500m2減じた数値を500m2で除した数値とする。
※必須項目以外(例:白蟻被害等)は、別途見積りにより加算する。
※1,000円未満の端数は切捨てとする。

 

別表第7 第28条第2号の申請と同時になされる建設住宅性能評価の料金の減算額

(単位:円、消費税込)

  床面積の合計 料金の減算額
一戸建住宅 200m2以内 9,000(6,000)
200m2を超えるもの 10,000(7,000)
共同住宅等 500m2以内 20,000
500m2を超え1,000m2以内 30,000
1,000m2を超え2,000m2以内 33,000
2,000m2を超え10,000m2以内 62,000
10,000m2を超え50,000m2以内 115,000
50,000m2を超えるもの 233,000

※( )内は住宅型式性能認定又は認証型式住宅部分等製造者の場合を示す。

 

別表第8 他者が設計住宅性能評価を行った場合の料金加算額(必須評価事項のみ)

(単位:円、消費税込)

  床面積の合計 料金の額
戸建住宅 200m2以内 21,000
200m2を超えるもの 21,000
共同住宅等 500m2以内 26,000+M×8,200
500m2を超え1,000m2以内 32,000+M×8,200
1,000m2を超え2,000m2以内 44,000+M×8,200
2,000m2を超え10,000m2以内 124,000+M×8,200
10,000m2を超え50,000m2以内 197,000+M×7,200
50,000m2を超えるもの 404,000+M×6,200

※Mは評価対象住戸数とする。
※ 1,000円未満の端数は切捨てとする。

 

別表第9 他者が設計住宅性能評価を行った場合の料金加算額(性能表示事項の全て)

(単位:円、消費税込)

  床面積の合計 料金の額
戸建住宅 200m2以内 21,000
200m2を超えるもの 21,000
共同住宅等 500m2以内 26,000+M×9,300
500m2を超え1,000m2以内 32,000+M×9,300
1,000m2を超え2,000m2以内 44,000+M×9,300
2,000m2を超え10,000m2以内 124,000+M×9,300
10,000m2を超え50,000m2以内 197,000+M×8,200
50,000m2を超えるもの 404,000+M×7,200

※Mは評価対象住戸数とする。
※1,000円未満の端数は切捨てとする

 

別表第10 第28条第3号 地方公共団体等が行う場合の減算額

条件 料金の額
同一建物(形態、構造)を2棟以上同時申請 1棟は通常の料金とし2棟目以上は半額とする。

 

別表第11 第28条第4号 住宅型式性能認定・認証型式住宅部分等製造者の場合の減算額

(単位:円、消費税込)

  床面積の合計 料金の額
戸建住宅 200m2以内 設計性能評価 15,000
建設性能評価 28,000
200m2を超えるもの 設計性能評価 19,000
建設性能評価 31,000

 

別表第12 室内空気中の化学物質の濃度等の測定を行う場合の料金加算額

簡易測定法(測定バッジ)

(単位:円、消費税込)

住戸数(近接地で同時期に測定可能な場合) ホルムアルデヒド(1住戸当り) ホルムアルデヒド・トルエン・キシレン・エチルベンゼン・スチレン(1住戸当り)
1 29,000 39,000
2~5 23,000 33,000
6~8 20,000 30,000
9・10 17,000 28,000
11~ 16,000 26,000

 

標準測定法(空気採取法)

(単位:円、消費税込)

測定する化学物質 空気採取料金以外の料金(1住戸当り) 空気採取料金(1住戸当り)
ホルムアルデヒドのみ 87,000 別途見積り
ホルムアルデヒド・トルエン・キシレン・エチルベンゼン・スチレン 134,000 別途見積り

 

別表第13 遠隔地の場合の建設住宅性能評価料金の加算額(1日当り)

(単位:円、消費税込)

  室内空気中の化学物質の濃度等の測定について 料金加算額
共同住宅の所在地が業務を行う事務所の所在地から直線距離で50kmを超え100km未満の地域に存する場合 室内空気中の化学物質の濃度等の測定を行わない場合 8,000
室内空気中の化学物質の濃度等の測定を行う場合 16,000
共同住宅の所在地が業務を行う事務所の所在地から直線距離で100kmを超える地域に存する場合 室内空気中の化学物質の濃度等の測定を行わない場合 16,000
室内空気中の化学物質の濃度等の測定を行う場合 33,000

 

別表第14 建設住宅性能評価の契約解除の場合の評価料金の返還

(イ)欄
契約の解除を行った時期
(ロ)欄
該当申請手数料に乗ずる率
建築住宅性能評価の申請を乙が受理した日から第1回の現場審査の前日まで 0.95
第1回の現場審査を実施した日から第2回の現場審査の前日まで 0.7
第2回の現場審査を実施した日から第3回の現場審査の前日まで 0.45
第3回の現場審査を実施した日から第4回の現場審査の前日まで 0.2
第4回の現場審査を実施した日以降 0.0